人事評価/グループリーダー権限について

2024-04-26 06:50:45 UTC

グループリーダー権限とは

グループリーダー権限とは評価にまつわる操作・設定を、指定された権限範囲(部署、職種、役職・職位、グレード・等級)内のメンバーに対してのみ実施可能な権限です。

 

目次

・グループリーダーができること
・グループリーダー権限の設定方法
・グループリーダー権限の解除方法
・注意事項(必ずご確認ください)

 

グループリーダーができること

以下、グループリーダーが指定された権限範囲内で可能な操作・設定です。

画面 可能な操作・設定
評価期管理設定 グループリーダー権限追加・削除
評価期管理 シート作成・編集・削除
  ひも付けグループ作成・編集
  評価期スコアの調整
目標・評価の一覧 目標と評価の一覧表示 
  評価結果のスコア調整
ダッシュボード シートのステータス確認
  催促メール送信
  シート内容の閲覧(設定された評価期より前の期のシート内容も閲覧可能)  
  シート内容をCSVで登録

※評価期の作成や変更など、組織全体に影響する設定や変更はできません。

※他の権限との違いは権限の種類と違いをご覧ください。

グループリーダー権限の設定方法

①[評価期管理設定]>[グループリーダー編集]をクリック

Pasted_Graphic.png

 

②権限を付与する評価期の[確認]をクリック

Pasted_Graphic_1.png

 

③権限を付与するメンバーの氏名左のチェックボックスに[✓]を入れる

④権限範囲(部署、職種、役職・職位、グレード・等級)から指定する範囲を1つ以上選択

⑤表示されている内容が適切か確認し[保存]ボタンをクリック

Pasted_Graphic_2.png

※部署の権限範囲は、チェックを入れた組織とその配下組織のメンバーに適用されます。

■例
営業部の配下に1課、2課、3課と組織がある場合
A課長は営業部のメンバー、1課、2課、3課のメンバーの評価にまつわる設定・操作が可能となる。

 

※部署、職種、役職・職位、グレード・等級の権限範囲(列)を複数指定した場合、AND条件になります。

■例
A課長に[権限範囲(部署)]の営業本部と、[権限範囲(役職・職位)]の一般社員を指定した場合
A課長は営業本部かつ、一般社員のメンバーの評価にまつわる設定・操作が可能となる。

Pasted_Graphic_3.png

 

※同じ行の項目を複数選択した場合、OR条件になります。

 ■例
A課長に[権限範囲(部署)]の営業本部と、マーケティング本部を指定した場合
A課長は営業部または、マーケティング本部のメンバーにまつわる設定・操作が可能となる。

Pasted_Graphic_4.png

※権限を付与するメンバー一人に対し、指定できる権限範囲の組み合わせの上限は10です。
※新たにグループリーダー権限を設定したメンバーへは、メールとお知らせ欄で通知されます。

 

👉注意点
副部署も権限範囲に含みます。
グループリーダーがグループリーダー権限を付与する場合は、自身の権限範囲外のメンバーも表示されます。
自身の権限範囲外のメンバーであっても自身と同じ権限もしくはその配下の権限であれば付与できます。

例)人事部のグループリーダーのAさんは総務部のBさんに人事部の権限を付与できます。

グループリーダー権限の解除方法

下記画像③のチェックボックス[✓]を外す

Pasted_Graphic_2.png

※権限を解除したメンバーへ、メールなどによる通知はされません。

 

注意事項(必ずご確認ください)

①グループリーダー権限を付与されたメンバー自身が、指定された権限範囲に含まれる場合、自身につけられた評価内容も閲覧・編集できます。

※評価期のステータス(下書き、進行中、終了)に関わらず閲覧・編集可能です。

■例
営業部の配下に1課、2課、3課と組織があり、A課長が営業部に所属している場合

A課長の権限範囲(部署)の営業部にチェックを入れると、
A課長は営業部のメンバー、1課、2課、3課のメンバーの評価にまつわる設定・操作が可能となり、
自身につけられた評価内容を閲覧・編集できる。
※A課長は営業部、および配下組織の1課、2課、3課所属のメンバーの評価を閲覧・編集できる状態

■回避方法
A課長に、所属する営業部の配下組織である1のグループリーダー権限を付与すると、
自身につけられた評価内容を閲覧・編集することができない。
※A課長は1課および配下組織に所属するメンバーの評価を閲覧・編集できる状態
 

②グループリーダー権限を付与されると、指定された範囲のメンバーの過去の評価内容が全て閲覧できます。

■例
Dさんにグループリーダー権限を下記のように付与した場合
2018年評価期:A部署
2019年評価期:B部署
2020年評価期:C部署

■閲覧できる範囲
・2020年時点でC部署に所属するメンバー過去の評価内容全て
・2019年時点でB部署に所属するメンバー過去の評価内容全て
・2018年時点でA部署に所属するメンバー過去の評価内容全て
※2019,2020年のA部署、2020年のB部署は閲覧できない

▷ヘルプページ:評価対象期間の影響

 

③他の管理者が作成したシートの編集・削除は制限されます。

評価管理者、または自身より指定された範囲の広いグループリーダーが作成したシートの
編集はできず、コピーのみ可能です。(評価期管理画面)
※全てのシートの表示はされます。

 

④他の管理者が作成したひも付けグループの編集・削除は制限されます。

他のメンバーが作成したひも付けグループの編集は、指定された権限範囲のみ可能です。
範囲外のメンバーが含まれているひも付けグループを、シートに設定することはできません。
 
この記事は役に立ちましたか?
12人中8人がこの記事が役に立ったと言っています