人事評価/カスタマイズシートの内容をCSVで一括登録する

2024-04-15 07:08:30 UTC

管理者がインポート用CSVファイルをアップロードすると、一括でカスタマイズシートのシートデータを更新することができます。

 

目次

操作できるメンバー
操作方法
 - 1.インポート用CSVテンプレートを作成する
 - 2.ダウンロードしたインポート用テンプレートを編集する
   CSVファイルの見方
   CSVファイルの記法
 - 3.インポートからCSVファイルをアップロードする
 - 4.インポート履歴を確認する
注意事項

 

操作できるメンバー

以下の権限を付与されたメンバーが設定ができます。
・評価管理者
・グループリーダー(指定範囲のみ)

 

操作方法

1.インポート用CSVテンプレートを作成する

①[シート内容をCSVで登録] > [インポート用テンプレート作成]をクリック

②インポート用CSVテンプレートを作成する

extendedSetting (3).png

・評価期を選択

👉注意点
グループリーダーは対象の評価期のみ選択可能です

・シートを選択

👉注意点
公開中のカスタマイズシートのみ選択可能です

・インポートする項目を選択

💡選択可能な項目の種類
・数値
・記入テキスト
・プルダウン
・チェックボックス

👉注意点
・「評価管理者」「グループリーダー」の記入権限がある項目のみ選択できます
 権限のない項目は選択できません
・ここで選択した順番は、出力されるCSVでの列の順序に影響ありません(CSVの列の順序は不定です)
・1回で選択できる項目の数は1000個までとなります
・評価記入欄は対象外です

 

③[ダウンロード]をクリック

👉注意点
・評価期、シート、インポートする項目がすべて選択されていないとダウンロードができません
・ダウンロードしたCSVは、保存済みのユーザーシートの既存値を含みます
・CSVで表示されるメンバーの順序は不定です。指定することはできません
・シートのステータスを考慮したうえで、操作者がユーザーシートに対して記入できる権限をもつ被評価者が表示されます
例)
[項目①]において、評価管理者の権限設定が以下のケース
・完了前は評価管理者は閲覧できない
・最終評価完了後は書き込み可能

ステータス
被評価者A→完了前
被評価者B→最終評価完了後

この場合、評価管理者がテンプレートを生成すると、被評価者Bだけが入ったCSVを出力されます。

 

2.ダウンロードしたインポート用テンプレートを編集する

CSVファイルの見方

         1行目

            - 1列目: version:1

            - 2列目: period:{periodID}

            - 3列目: sheet:{sheetID}

         2行目

            - 1列目: name

            - 2列目: employeenumber_or_email

            - 3列目以降: {項目ID}

         3行目

            - 1列目: 【氏名】

            - 2列目: (必須)【従業員番号またはメールアドレス】

            - 3列目以降: 【{ブロックの階層+項目名} 】(例: グループ1>グループ2>グループ3>項目A)

                - ブロック名が空文字列なら「未設定」と表示される

    4行目

      - 3列目以降

          - 該当列の項目の種類を表示する

         5行目以降

            - 1列目: {氏名}

            - 2列目

                - 従業員番号が設定されている場合: {従業員番号}

                - 従業員番号が設定されていない場合: {メールアドレス}

            - 3列目以降

                - [CSVファイルの記法]の通りに表示される

👉注意点
1〜4行目のデータはシステムが読むデータのため、編集しないでください

 

CSVファイルの記法

         数値項目は、画面上で入力可能な範囲が入力可能

            - 最大・最小が設定されている場合はその範囲に入ってないとエラー

            - 文字列で ”123” のように入力されている場合はエラー

   - 小数点を含む場合、小数点以下3桁目で四捨五入される

    例) 12.3456 → 12.35

 

         記入テキスト項目は、画面上で入力可能な範囲が入力可能

            - 改行可、ダブルクォート可

 

         チェックボックスは、【1】がON、【0】がOFF

            - それ以外の値はエラー

            - 空欄でアップロードした場合

                - 0と入れた場合と同じ挙動になる

 

         プルダウンは、その項目のラベルで指定できる

            - 選択肢と完全一致していないデータを入力するとエラー

👉注意点
ファイルは編集用と保管用の2回ダウンロードを行ってください。
そのうち1つのファイルは、編集せずデータを残しておくことを推奨しています。

アップロードするとき、空欄は「削除」を意味します。
誤って、別項目にインポートしてしまった場合や消してしまった場合、
バックアップ用のファイルをインポートしなおすことで、戻すことができます。

 

 

3.インポートからCSVファイルをアップロードする

①[シート内容をCSVで登録] > [インポート]をクリック

②ファイルを選択後に[インポート実行]をクリック

Frame 9804.png

インポートが終了後、結果詳細画面が表示されます

💡結果詳細画面の表示パターン
・完了(アップロード成功)
・完了だが一部エラーあり ※エラー箇所(行、列)とその原因が表示されます
・完了だが全て失敗 ※全て失敗した場合は、エラー箇所(行、列)とその原因は表示されません
・エラーにより中断(エラーとなった被評価者が50件を超えてる場合)
・タイムアウト(インポート開始から1時間以上経過した場合)
👉注意点
・エラーが発生した場合
- インポートに失敗した各ユーザーシートに関して、エラー箇所(行、列)とその原因が表示されます
- 行と列の表示はアップロードしたCSVの行と列の番号に対応しています

・同時実行数に制限について
- 1つのテナントで同時に実行できるインポート数の上限は、開始日時が直近1時間以内で10件です
   同時実行数の制限に引っかかった場合は以下のエラーが表示されます

・ファイルフォーマットについて
文字コードは[UTF-8]もしくは[UTF-8 BOM]をご使用ください。

・ファイルのサイズ上限について
登録できるCSVファイルのサイズ上限は30MBまでです。

スクリーンショット 2024-02-29 17.17.46.png

 

4.インポート履歴を確認する

インポート履歴一覧の画面では、開始日時の降順に直近100件まで表示されます。

    - ステータスアイコン

    - 対象評価期名

    - 対象シート名

    - 開始日時、終了日時

    - 操作メンバー

👉注意点
・インポート履歴一覧は、権限に関係なく、全員分見ることができます
・インポート履歴の結果詳細画面は、権限によって閲覧可能な範囲が異なります
 評価管理者:全て閲覧可能
 グループリーダー:自分が実施した結果のみ閲覧可能

 

注意事項

シートのステータスを一括で変更することはできません。

ステータスを変更できるのは本人のみとなります。

人事評価/目標提出・振り返り完了・評価完了を代行したい

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています