ログイン/パスワード設定用URLを発行する方法

2023-09-11 01:51:47 UTC

管理者がメンバーのパスワード設定用のURLを発行する方法についてまとめた記事です。

 

💡活用例

・パスワードを忘れてログインできないためリセットしたい

・SSOでログインをしていてパスワードが未設定のため設定させたい

・[パスワードを忘れたら]の画面から登録メールアドレス宛に送らずにパスワード設定用URLを共有したい

 

パスワードの設定を行うためには、メンバー固有の初回ログインURLを発行する必要があります。

発行されたログインURLをクリックするとパスワードの新規設定画面に遷移します。

メンバー固有のログインURLとは?
https://⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎.auth.hrbrain.jp/firstlogin?token=×××××××××××××

⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎:テナント毎に異なるID
×××××××××××××:メンバー固有のトークン

 

URL発行する方法は、パスワードを設定したいメンバーのメールアドレス登録有無によって対応が異なります。

 

目次

操作可能なメンバー
URL発行方法
1. メールアドレスの登録がある場合
2. メールアドレスの登録がない場合

 

操作可能なメンバー

社員名簿で操作を行う場合

[管理者権限設定>ログイン管理]の権限を付与されているメンバー

 

人事評価で操作を行う場合

カンパニー管理者を付与されているメンバー

 

 

URL発行方法

 

1. メールアドレスの登録がある場合

管理者がログインステータスを[未ログイン]に設定することで、初回ログインURLを発行することができます。

[パスワードを忘れたら]の画面からご自身のメールアドレス宛に送らなくても、パスワード設定用URLを発行できます。

 

手順

①[社員名簿] > [運用管理] > [ログイン管理]をクリック

②[ログインステータス切り替え]から変更したい対象メンバーにチェックをつける
③プルダウンから[未ログイン]を選択
④[選択したメンバーのステータスを変更]をクリック

ログインステータス切り替え.png

社員名簿/ログイン管理機能について

⑤[運用管理] > [ログイン管理] > [ログインURL発行] > [未ログイン]をクリック

⑥対象のメンバーの[ログインURL発行]をクリック

👉注意点
・ログインステータスは社員名簿でのみ変更が可能です。人事評価からは変更できません。
・URLの有効期限は2週間(336時間以内)です。
 期限内に登録を完了しない場合URLは無効となり、再度管理者に発行してもらう必要があります。
・10回以上パスワードを間違えてロックされた場合、上記方法でパスワードを再設定しても、
 パスワードのエラー回数がリセットされません。
弊社にてパスワードリセットを行うため、ロックがかかったメンバーの氏名をチャットにてご連絡ください。

 

 

2.メールアドレスの登録がない場合

人事評価もしくは社員名簿の[ログイン管理]よりパスワード再発行用URLを発行できます。

 

手順

①[人事評価]もしくは[社員名簿] > [運用管理] > [ログイン管理]をクリック

screenshot-2019-12-24-11.54.06.png

②[ログインURL発行]タブの画面下部にある[ログイン済み]一覧を表示

ログイン管理2.png

 

③URLを発行したいメンバーの[ログインURL発行]ボタンをクリック

ログイン管理3.png

 

④URLをコピーして任意の方法で案内

ログイン管理4.png

👉注意点
URLの有効期限は24時間以内です。
24時間以内に登録を完了しない場合URLは無効となり、再度発行する必要があります。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
4人中1人がこの記事が役に立ったと言っています